なぜ私は浪費家だったのか

お恥ずかしい話ですが、物心ついた時から高校までの私の口癖は「お金がない」。

 

生活ができるくらいの余裕はあった家庭に育ち、お小遣いも毎月貰えていました。

 

けれど気づいた時はいつもお小遣いが無くなっていました。

 

貰えば貯金などせず、あればあるだけお金を使ってしまう。

 

そう。私は小さな頃は浪費家だったのです。

 

小学生の頃は可愛い筆箱や鉛筆の収集癖がありましたので、沢山の文房具を集めていました。

 

中学生から高校生まではCDを毎月何枚も買い漁っていました。

 

それではお金が無くなるのは当然です。

 

 

 

高校を卒業し、実家を出てアルバイトを始めてからは自分で生活資金を管理することになりました。

 

「今までと同じお金の使い方では生活していけない」と感じ、物を買うことに対しての考え方を改めるようにしました。

 

 

 

今までなぜあんなに物を買っていたのか?と自分を振り返ってみると、「沢山物を所有することでそれを友達に自慢したいから」とか「流行ってるし、みんなが持っている物だから」という気持ちで物を購入していたことに気がついたのです。

 

 

それに気づいた時、自分の主体性の無さに愕然としました。

 

周りに良く見られたくて物を購入したり、お金を使っていても自分の心は満たされませんでした。

 

ですのでそれ以降は、宣伝や流行に流されずに本当に自分が心から気に入った事や物にお金を使おうと決めました。

 

そのようにお金の使い方を改めてからは、自分の心も満たされるようになりました。

 

 

 

いかに周りに流されず生きるか、をお金を通して考えさせられました。

時給アップと貯金

お金に関することといえば、最近アルバイトの時給が50円ほどアップしました。

 

時給アップした理由としては、会社が指定する資格を取得したからである。その資格自体を受験するのに実務経験が2年以上という条件がある。この条件を満たすようになったため、今年資格取得を目指し法律、整備方法、整備について半年間で多くのことを学びました。

 

何がうれしいかというと、時給がアップしたことによって、日曜日や祝日に勤務すると時給が1000円を超え、一日で計算上9250円以上稼ぐことが可能になりました。地域上、冬の時期はアルバイトの日数が減っていくので、このプラス50円というのはかなり多くな違いになる。

 

今現在、貯金をしているため、毎月の給料日、口座の残額が毎月最高額を示すようになり、貯金する楽しさを感じるようになりました。

 

今現在は学生なので、アルバイトの収入はそんなに大きくはないが、来年から社会人になるので、今ある貯金を足して車を買いたいと思っています。目標としては、卒業までに100万円貯め、250万円から300万円程度の新車の購入時の頭金に充てたいと思っています。

 

時給が50円上がったことにより、月の収入はこの冬場でも90パーセント程度稼げるようになったので残りの5か月も頑張って稼ぎ目標を達成したいと思います。程よく使い、けちけちした生活をしないでいい程度の貯金をしていきたいと思います。車を買って引越しする目標の為に頑張ります。